海千山千會 - うみせんやませんかい

menu

Bamboo knife “Tsugu” from Ishikari石狩
竹篦
胤(つぐ)

  • size

    W:約135mm

  • weight

    約5g

  • material

    竹/Bamboo

¥6,400(exclouding tax)

To customers outside of Japan※日本国外のお客様向けのカートボタンです

UL道具は簡素なものを選びがちな僕だが、小刀だけは特別なものを持ちたいと長年思っていた。
砥石で刃を育て、刃の峰から柄までを愛でられる刀を。

自分だけの小刀を探求する途中で、古来日本では竹を道具として生活に取り入れてきたが、竹は
刃物の代わりとしても用いられていた事を知った。

竹篦は鋼刀のようににスパッと切れるものではないが果実を割ったり、菓子楊枝のように刺した
り、カップの内を拭ったりとULカトラリーとしても面白い題材だと感じた。

優れたバンブーロッドビルダーは腕利きの釣り人でなくてはならないと断言する望月雄大さんは
大雪山を望む上富良野の自宅で特注のフライロッドを作る職人だ。彼は早朝一つ一つの竹と向き
合い、素性を活かしてその一本を削っていく。魂を込めて見つめる先に、竹それぞれの癖がしな
りの個性となって輝きだす瞬間だ。

手の中に気持ちよく馴染んで収まるこの竹篦は気がつくと人差し指や親指、様々な指の動かし方
で握っていることに気づく。まるで身体が先人の人々の道具の使い方を覚えているかのように。
時代を超え、是非あなたに感じたままに使ってもらいたいと思う。
海千山千會 千代田高史

 時以竹刀 截其兒臍
 そのとき竹の刀でその生まれた子たちの臍緒を切った
 其所棄竹刀 終成竹林
 その竹の刀を棄てたところは後に竹薮となった

これは『日本書紀』神代下第九段第三の一書の中の一場面で、鹿葦津姫(木花開耶姫)が火中で
三柱の御子、火明命、火進命、火折彦火火出見尊を出産した時に子供のへその緒を竹の刀で切り、
棄てた竹の刀が竹屋という竹薮になったというエピソードだ。誕生した長子は隼人の祖とされる
海幸彦、末っ子は山幸彦で神武天皇の祖父。薩摩半島の阿多地方を舞台にした物語とされている。

へその緒を竹の刀で切る話は他にもあり、十二世紀末『餓鬼草紙』第二段にある産屋の場面には
へその緒を切ろうとしている産婆の手に竹の刀が描かれている。この風習は近世に入っても続き、
男子なら雌竹、女子なら雄竹で作った竹の刀が用いられた。インドネシアやマレーシアではこの
習慣が昔からあった。海洋民族のスラウェシ島のブギス族は、へその緒を切る際には竹竿などに
使った古竹を割いて竹刀とした。竹の刀を用いるのは産まれた子の将来を祝福するためであった。

金属刀ではなく、竹の呪力を信じるがゆえに竹刀を用いた。(沖浦和光『竹の民族誌』岩波新書)
古来竹は食、薬、生活用具、道具、資材、乗り物、装身具、楽器、武具、依代や結界に利用され、
その利用価値に秀でた事は竹冠の文字の多さからもわかる。そして霊力があると信じられてきた。

岩手県などではへその緒を切るという言葉を忌み、へその緒をつぐと言うらしい。呪術的な要素
も持ち合わせていた産婆の竹の刀でへその緒を切るというのは、精霊と竹の霊力の恩恵に預かり
新しい命を授かりそして受け継ぐこと。出産とは本来恭しい儀式であった事を忘れてはいけない。

ところで海千山千會の竹篦は竹を削った簡素なものだ。昔なら庭の片隅か物置にでも竹材はあり、
新聞紙を敷いて肥後守一本で誰でもこさえていた。勿論この竹篦は、卓越した技術を必要とする
フライフィッシング用バンブーロッド作家の望月さんが作るもので、竹の癖とりから素人が容易
に真似出来る類いのものではない。しかしこの竹篦が古代から人類が己の手で綿々と物を作って
きた歴史の象徴の様に僕には思える。手を動かして物を作らなくなった現代人に、それでも人は
物を作る生き物だということを継いで欲しいと願う。
海千山千會 立沢木守

Designer望月雄太

1976年山梨県生まれ
アウトドアメーカーでのキャリアを経てフライフィッシング用のバンブーロッドを製作するため
に、大自然に恵まれフィールドが近い北海道の富良野に拠点を移す。
竹材への豊富な知識と竹竿製作で培われた高度な技術を生かして竹篦は一本一本製作される。

I tend to choose simple equipment for ultra light outdoor, but I’ve always wanted a special small knife—one sharpened on a whetstone and made with care from tip to handle. I knew that Japanese people used bamboo as a tool in their daily lives in the past, but when I was searching for the perfect knife for me, I learned that bamboo was also used as a cutting tool. A bamboo knife cannot cut objects as well as steel, but it can be used to cut fruits and as skewers for candies, so I felt that it would serve as an interesting material for U.L cutlery.

Yudai is a craftsman who makes custom fly rods at his home in Kami-Furano, which faces Daisetsuzan, and he believes that you have to be a skilled fisherman in order to create an excellent bamboo rod. He would look at different bamboos early in the morning and pick one to work with. As he looked carefully at each bamboo, their unique characteristics become visible, making them stand out.

I picked up one of the bamboo knives he made. It fit well in my hands, all of my fingers naturally wrapping around the handle comfortably, as if my body remembered the way our ancestors used to hold this tool. I hope that you will find it to be a naturally good fit as well.

By Takashi Chiyoda

I once read a scene written in Nihon Shoki describing the way bamboo was used to cut an umbilical cord. In “Gaki Zoshi (Stories of Hungry Ghosts)” published in the late 12th century, there was also a scene with a midwife holding a bamboo knife as she was preparing to cut a baby’s umbilical cord.

This practice continued until the early modern period, with special bamboo knifes created for each gender. Other countries such as Indonesia and Malaysia also did the same. For example, the Bugis tribe in Sulawesi, Indonesia, split open old bamboos and used them as knives. It was said that children born using bamboo knives will have a blessed future because they believed in the magical power of bamboo.

Traditionally, bamboo had many uses, such as food, medicine, daily tool, equipment, material, armor, musical instrument, weapon and so on. People also believed that spirits dwell in bamboos.

Using a midwife’s bamboo knife, which has magical properties, to cut an umbilical cord signifies the birth of new life blessed with a soul and the spirit of the bamboo. We must not forget that the birth of a child used to be a ceremonious affair.

The bamboo knives we offer are made of carved bamboo created by Yudai, a craftsman who makes bamboo rod for fly fishing, which requires great technique. The characteristics of bamboo are unique and unskilled professionals will not be able to craft it easily. I also think that this knife reflects our history of making objects with our own hands. Not many people do that anymore these days, but I hope that humans will continue to create objects by hand in the future.

By Kimamori Tachizawa

Yudai Mochizuki

Born in Yamanashi Prefecture in 1976, he worked for an outdoor manufacturer before moving to Furano in Hokkaido, which is surrounded by nature, in order to concentrate on making bamboo rods for fly fishing. Using his vast knowledge on bamboo materials and the skills he developed from making bamboo rods, he carved the bamboo knives by hand one piece at a time.